水素水を飲むとどんな効果があるのでしょうか

水素水は、水を電気分解したり、直接水素を水の中に溶けこませたりして作られます。

このような水を飲みますと、体内に水素が拡散していきます。

最新の教えて!gooを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

それは、肝臓や腸、腎臓などの内蔵に蓄えられたり、血液を介して体の隅々の細胞にも運ばれます。

内蔵に蓄えられた水素は、その内臓を活性化しますし、体に拡散した水素は、病気や老化の原因といわれている体内の活性酸素を還元して中和します。
これは抗酸化作用といわれている作用です。水素水を飲み続けますと、体の抵抗力が強められます。

例えば、肝臓の働きが活発になり、良いか悪いかは別にして二日酔いになりにくくなったりしますし、腎臓も調子が良くなり排毒の効果もあります。

また、血液もきれいにする作用もありますので、血管の老化を防げるといいます。
このようなことは、研究者の手によって臨床試験などがなされていて、その効果の程が報告されています。実際に水素水を飲みつづけますと、今までたまっていた疲れがすっきりとれたり、よく眠れるようになったりするそうです。他にも肌ツヤが良くなったとか、排尿、排便が楽になったというような話もきかれます。

このように体の調子を良くする水素水ですが、数多い製品の中から選ぶ時に注視するところをひとつあげておきます。

水素水についての初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

それは、水の中の水素の濃度です。

これは、ppmとかppbという単位を使って表されています。



一般的に効果のある水素水は、水素濃度が1ppm(1000ppb)以上のものだといわれています。

せめて濃度が0.5ppm(500ppm)以上のものを選びたいものです。